トレーニングを続けると膣のゆるみが改善|女性としての自信を再び

ウーマン

骨盤底筋を鍛える効果

ウーマン

トレーニングの心得

骨盤底筋トレーニングは、尿道や膣のゆるみを改善する効果がある、人気のトレーニングです。トレーニングをする際には、骨盤底筋を意識することが大切です。椅子に背筋を伸ばして座り、股の間に手を入れてみます。お尻の穴に力を入れてみて、動くところが骨盤底筋です。この筋肉を意識して動かすことで、尿道や膣のゆるみが改善します。骨盤底筋が分かったら、ゆっくりお尻の穴を引き締めていきます。女性なら膣付近を上に持ち上げるようにイメージをして力を入れていくとやりやすいです。力いっぱい加えたら、ゆっくり力を抜いていきます。これは仰向けに寝た状態でもできるトレーニングです。どんな状態でもリラックスすること、骨盤底筋を意識することが大切です。

尿漏れや頻尿対策になる

尿漏れや頻尿の予防や改善に役立つのが骨盤底筋トレーニングです。骨盤底筋は尿道や膣の周りにあり、様々な内臓を支えている筋肉です。骨盤底筋は加齢、出産、姿勢、肥満など、様々な原因で弱くなります。それが原因で尿道がゆるみ、尿漏れや頻尿に繋がります。骨盤底筋を鍛えるトレーニングなら毎日できて、尿道を引き締めるのに効果的です。手術の場合は手術費用がかかり、さらに失敗するリスクがあります。しかし、トレーニングなら一切お金がかからず、ノーリスクです。尿漏れ対策だけではなく、インナーマッスルが鍛えられて肥満予防や姿勢がよくなる効果もあります。また、女性なら膣のゆるみがなくなって引き締まるので、性交渉のときに喜ばれます。

お尻

医療機関でも治療できる

膣のゆるみは加齢の影響や出産で起こることが多いですが、若い世代でも悩みを抱える人は少なくありません。改善のためには治療も有効で、メスを使わないものでは、フィラーを注入する治療や照射を行うことでコラーゲンの生成を促進していく治療があります。

悩む女の人

気になる人は病院へ

膣のゆるみは出産経験がある、加齢など、様々な原因が挙げられます。セルフチェックをする事も出来ますが、どうしても気になる人は一度病院に行って相談をする事をおすすめします。カウンセリングをちゃんとしてくれますので、安心ですよ。

レディー

産後の悩みと対策法

産後に膣がゆるむと尿漏れの原因にもなります。膣のゆるみが気になるなら、ケーゲル体操をするのがお勧めです。ケーゲル体操は骨盤底筋を鍛えるトレーニングです。トレーニングをすれば妊娠が原因で伸びきった骨盤底筋がもとに戻ります。